So-net無料ブログ作成

PmxEditorに準標準ボーン追加プラグインを追加する方法 [ツール]

今回はPmxEditorに準標準ボーン追加プラグインを入れてみます。

準標準ボーンは標準ボーンを補佐するようなボーンで、
あるとなにかと便利なボーンですね。

多段化で、複雑な動きをつけたり、
元のモーションをモデルに合わせて調整するのによく使います。

自分がMMDを始めた頃は準標準ボーンが
少しずつ浸透してきた頃ではなかったかと思います。

最近配布されるモデルやモーションは、
ほぼほぼ準標準ボーンが当たり前のように入れてあったり、
使っているものが多いのではないかなと思いますが、いかがでしょう。

PmxEditorで、準標準ボーンを簡単に入れるプラグインを使います。

このツールでは、「全ての親」「腕捩れボーン」「手捩れボーン」
「上半身2ボーン」「グルーブボーン」「腰ボーン」「足IK親」
「操作中心」「足先EX」「手持ちアクセサリダミー」
「肩キャンセルボーン」「親指0ボーン」を入れることができ、
ボーン表示枠に自動登録までしてくれる優れものです。

自分は、「全ての親」「上半身2ボーン」「グルーブボーン」
「腰ボーン」「足先EX」「親指0ボーン」はよく使うので
それらは必ずチェックして入れています。


ダウンロードはこちら→ 準標準ボーン追加プラグイン

PMD_Pluginsをクリック、SemiStandardBonesをクリックでDLします。

フォルダの中の「SemiStandardBonesPMX.dll」を
PmxEditor の plugin→ Userフォルダに入れればOKです。

PmxEditor を起動して、なにやらわけのわからない
メッセージが次々出てくる場合(自分も経験済)は、
セキュリティでブロックがされている状態なので、
「SemiStandardBonesPMX.dll」を右クリックして、
プロパティのブロック解除→適用をクリックでOKです。

これで起動した時になにも起きなければ、無事に導入されています。

PmxEditorの編集→プラグイン→User→準標準ボーン追加を
クリックで開くので、必要なボーンにチェックを入れて
OKを押せばボーンが追加されて、表示枠に出てくるはずです。

これで心置きなく準標準ボーンが追加できますね。

配布されているモーションで、「この準標準ボーンは必須」と
りどみに書かれているものは、そのボーンがないと
綺麗に動いてくれなかったり、ぎこちなかったりしますので、
モデルにそのボーンがあるか必ず確認して、
なければこのプラグインで追加してモーションを入れましょう。

モーショナーさんはもとより、動画を見ている人も
わかる人は「あのボーンがない」とわかりますし、
違和感は拭えませんので、気をつけてみてくださいね。

特にモーショナーさんは嫌な気持ちになることも多いので、
気持ちよくモーションをお借りするためにも要チェックです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。